車の車検は大丈夫?安心してドライブを楽しもう

車検に必要な書類について

そろそろ車検の時期が近づいている方も多いのではないでしょうか。初めての車検は何を準備したらいいのか悩んでいる方も多いのではないでしょうか。そんな方のために、車検に必要な書類を教えます。車検に必要になる書類は、自動車検査証、認印、納税証明書、自賠責保険証、法定費用預り金です。また、車検を受ける時に燃料が足りないと後で請求されることになりますのできちんと補給をしておきます。万が一のことを考えて、貴重品は放置しないようにしましょう。

車検はどこに出すのがおすすめ

どこに車検にだそうか悩んでいる方も多いのではないでしょうか。ディーラーやガソリンスタンドの他に、カー用品店など様々な選択肢があり困ってしまいますよね。ディーラーで車検を受けるメリットは、純正パーツがそろっていることもあり安心して任せることができますよ。ガソリンスタンドで車検を受けるメリットは、費用を安く抑えられる点です。カー用品店で車検を受けるメリットは様々なパーツやオイルの種類の中から自分の好きなものが選べます。悩んだ場合には、ディーラーで車検を受けることがおすすめです。

車検が切れてしまったら

うっかり車検を切らしてしまったことはありませんか。そんな時でも、安心してください。実は車検が切れてしまっても、車検に通すことは可能ですよ。その時に必要になるのは、公道を走るための仮ナンバーの手続き、法点検項目の整備、車両を陸運局に持って行き検査をします。最後に、新しい車検証を取得することができます。車検を切らしてしまっても、再び車検に通すことは可能ですが手続きが必要になりますので注意が必要です。車検が近づいたら、早めに出すようにしましょう。

車検の費用というのは、依頼する業者によって費用が大きく異なる場合もあるため、見積りを通して十分な比較を行うことが重要です。