車の車検でタイヤが通らない理由と対処方法

まさか!車検でタイヤが通らないってことあるの?

車の車検をだしたときに、タイヤを交換しないと車検が通りません、と言われたことないでしょうか。車検が初めての人は、タイヤが車検に通らないなんてことあるの?と思ってしまうと思いますが、実際にそういうことはあります。タイヤにはスリップサインというものがあって、タイヤがすり減っていくと、その印がでてくるようになっています。きっと、車検時にタイヤのスリップサイトが出ていたことによって、車検が通らなかったのでしょう。

車検でタイヤ交換は損

車検の時に、タイヤのスリップサインがでていることで車検が通らないとなると、その場でタイヤ交換せざるを得なくなります。しかし、タイヤ専門店ではない車検場でタイヤ交換をすると、割高になってしまい損です。ですので、車検前にタイヤのスリップサインが出ているか確認して、交換が必要であれば、タイヤ専門店でタイヤを交換しておくべきです。タイヤ専門店ではタイヤ自体が安いですし、交換工賃も安く済ませることができますよ。

車検前でタイヤのスリップサインが出ていたら

車検の前日などにタイヤを確認したらスリップサインがでていて、至急、タイヤ交換をしなくてはならないとき、ちょっとした裏技で車検を通せるようにすることができます。もちろん、近くのタイヤ専門店にいってタイヤを交換してしまってもよいのですが、車検代でお金がないという人にも有効です。それは、車検のときだけスタッドレスタイヤに履き替えとく方法です。スタッドレスタイヤであれば、冬しか利用しないので、まだまだタイヤの溝があってスリップサインもでていないでしょう。もちろん、車検はスタッドレスタイヤでも大丈夫なので、車検を通すことができます。車検が終わって、お金に余裕があるときにでも、新しいノーマルタイヤを購入するとよいでしょう。

車検を軽自動車で申し込むには、法律上の様々な手続きを取らなければならないことがあるため、顧客への対応の良い業者に聞いてみることが良いでしょう。